オスのチワワへのトイレトレーニングやしつけはどうすればいい?

愛犬を飼い始めたころにはトイレトレーニングを行いトイレの場所を覚えるように訓練します。
初めてトイレトレーニングを行う時に、どうやって行えばいいかわからない事もあります。

ここではオスのチワワのトイレトレーニングやしつけの行うことについてお話します。

 

オスのチワワのトイレの仕方は?

犬はオスとメスとでトイレの仕方が変わります。
ほとんどのオスは片足をあげて排尿し自分の縄張りを主張しますが、ほとんどのメスはしゃがんで排尿をします。

足をあげて排尿をするのはここは自分の縄張りだと主張するもので、オスでも早めに去勢手術を行うと足を上げずに排尿することもあります。

メスでも縄張り意識が強い犬は足を上げて排尿することがあるんですよ。

オスのチワワも一生座って排尿をするようにしつけることができます。

しかし、一度足を上げてしまうと戻すのは難しいので、足を上げさせないようにしましょう。

対策法としては早めに去勢手術を行ったり、足を上げて排尿をしている犬の真似をすることがあるのでできるだけ足を上げて排尿をしている姿を見せない工夫が必要です。

オスのチワワのトレーニング方法は足を上げてしまう犬と座ってする犬であまり変わりませんが、トイレの形状は変えたほうがいいでしょう。

 

 

足を上げてしまうオスのトレーニング方法は?

足を上げてしまうオスのトレーニングをする際には注意点があります。
足を上げてしまう分トイレの大きさを大きめに、さらに、L字型にする必要があります。

中には家では外で排泄する時だけ足を上げる犬もいますが、家の中でも足を上げてしまう場合はトイレシートをL字型にして、壁面にもおしっこがかからないようにしましょう。

犬は足の感触でトイレをしますので、最初は少し大きめのトイレにしましょう。

足を上げることで、トイレで排尿姿勢をしているけれど、尿がトイレの外に飛び出してしまう場合もあるので、愛犬の様子を見ながらトイレを調節しましょう。

トイレトレーニングの方法は、朝起きた時、食後、寝る前などの比較的トイレをする時間帝に トイレへ連れて行き、排尿したら褒めてあげましょう。
排尿した時に褒めることで犬も覚えるようになります。

注意してほしいことは足を上げて排尿した時に外に飛び散ってしまった場合です。
そこで怒ってしまうと、「ここでトイレをしたら怒られた」と認識してしまうため、注意が必要です。

トイレで排尿をしたことに対して褒めてあげることで「ここでトイレをしたら褒めてくれる」と認識するため、トイレを覚えるようになります。

 

 

座ってトイレをするオスのトイレトレーニング方法は?

座ってトイレをしてくれる犬のトイレトレーニングは足を上げてしまう犬のトレーニング方法より簡単です。

トイレの大きさは通常のサイズで問題ありません。
L字型にする必要もありません。

トイレトレーニングの方法は足を上げる犬と同様で、トイレに行きやすい時間帯にトイレに連れて行き、トイレができたら褒めてあげるというものを繰り返します。

足を上げる犬と異なり、尿が飛び散ることはあまりないのでL字型にしなくても問題ありません。

 

まとめ

ここではオスのチワワへのトイレトレーニングのしつけ方法についてお話しました。

トイレトレーニングは他のしつけトレーニング方法と同様で、「犬がとった行動」に対して、「ご褒美」がもらえた場合、その犬がとった行動が強化されます。

そのため、「犬がトイレをした時」に「褒めて」あげることが重要です。

オスのチワワといっても座ってするタイプの犬や足を上げてするタイプの犬など様々です。

オスは早めに去勢手術を行うと座ってするようになりますが、どのタイミングで足を上げるか分かりませんので、あらかじめL字型にしておくのもいいかもしれませんね。