犬のノミ・ダニ対策におすすめの予防薬は?市販薬でも効果ある?

春になるとフィラリア予防やワクチン注射などで動物病院を受診する機会が増えます。

その際に、ノミ・ダニ予防を勧められることがあります。

ここでは愛犬のノミ・ダニ対策にお勧めの予防薬について、市販薬でも効果があるのかについてお話します。

 

愛犬のノミ・ダニ対策におすすめの予防薬は?

愛犬のノミ・ダニ対策におすすめの予防法は、 動物病院から処方されている予防薬です。

ノミ・ダニ予防薬は飲み薬と背中につける外用薬があり、愛犬や飼い主さんのスタイルに合わせて使用しましょう。

以前は背中につけるタイプの外用薬が一般的でしたが、アルコールなどを含むため神経質な犬は付けた背中を気にしたり、予防薬をつけようとすると嫌がり噛みついてきたり、吐いてしまうこともあります。

飲み薬はそんな神経質な犬には飲ませるだけなので嫌がらずにノミ・ダニを予防することができます。

ノミ・ダニ対策にはホームセンターやペットショップなどに販売しているノミ・ダニ対策の予防薬もありますが、それらは医薬部外品のため、効果に差があったり、効果の期間が短いなどの難点がありますし、つけていてもノミ・ダニに寄生されてしまう場合もあります。

愛犬のノミ・ダニ対策には動物病院で処方されている予防薬を使用するようにしましょう。

ノミやダニは愛犬に感染するだけでなく、人間にも感染するころがあり、皮膚炎や貧血、アレルギー、感染症などを引き起こす事があります。

免疫力が低い子犬や老犬には命にかかわる症状になることもあります。
ノミ・ダニ予防は軽く考えずにしっかり予防するようにしましょう。

 

 

ノミ・ダニ予防の注意点は?

ノミ・ダニ予防をする際の注意点は、動物病院で処方されている予防薬を使用する際は 動物病院から言われる注意点をしっかり守るようにしましょう。

背中につける外用薬は付けた後は シャンプーや雨の中の散歩は控えるようにしましょう。
飲み薬を飲んだ後に吐いてしまった時は動物病院に連絡し相談しましょう。

ノミ・ダニ予防薬は体重によりサイズが異なります。
成長期の犬は、 体重を測定してから使用するようにしましょう。

予防薬は体重にあったものを使用しないときちんと効果が出るかわからなくなりますので、注意しましょう。
さらに、 使用期限が切れたものは使用しないようにしましょう。

ノミ・ダニ予防にはたくさんの予防薬があります。
初めて予防薬を使用する時には愛犬の様子を見て、使用しましょう。

 

 

市販薬は効果があるの?

ホームセンターやペットショップなどに販売されている市販薬は、医薬部外品です。

首に巻きつけるタイプや身体につけるタイプなど様々なものが販売しています。

市販薬は動物病院で販売されている予防薬と比べて安価で手に入れやすいですが、効果にムラがあり、実際につけているのに効果がないということもあります。

雨などにぬれてしまうと効果がなくなったり、効果期間に信ぴょう性がない場合もあり、効果があるかは物によるようです。

ノミ・ダニ予防の市販薬は安価ですが、効果の有無もわからないため、購入するのであれば動物病院で処方される予防薬を購入するようにしましょう。

 

まとめ

ここでは犬のノミ・ダニ対策におすすめの予防薬について、市販薬でも効果についてお話しました。

ノミ・ダニ対策の予防薬は動物病院で販売している予防薬ですが、動物病院により取り扱う予防薬や愛犬に合った予防薬など様々です。

かかりつけの動物病院に相談しながら、予防薬を使用しましょう。

ホームセンターやペットショップなどで販売する市販薬は効果などに差があるため、ノミ・ダニ対策に予防薬を使用するのであれば、動物病院で予防薬を処方してもう方がおすすめです。

でも、忙しくて病院に連れて行く時間がない!って人には、市販の予防薬で予防するのも一つの手ですが、感染してしまったら、必ず受診するようにしてくださいね。