愛犬のゼリー状の下痢が続いたとき病院にいくべき?ゼリー状の正体とは?

愛犬のゼリー状の下痢をしていると不安になってしまう飼い主さんは多いですよね。
一度ですぐによくなることもあれば、何度も同じような下痢をしている時は動物病院を受診したほうがいいのか、家庭で様子を見てもいいのか不安になります。

ここでは愛犬のゼリー状の下痢が続いた時に病院に連れていくべきか、ゼリー状の正体についてお話します。

 

愛犬のゼリー状の下痢が続いたときの原因は?

愛犬のゼリー状の下痢をしている時の原因は、
大腸炎、腸閉塞、腸重積、寄生虫感染症などの原因が疑われます。

ゼリー状の炎症は大腸で便を円滑に外に排泄するためにも必要な分泌物で、大腸に炎症があるとそのゼリー状の分泌物が過剰に身体の外に排泄されます。

そのため、大腸炎、腸閉塞、腸重積、寄生虫感染症などの腸に異常を引き起こす病気が原因なことが考えられます。

大腸炎は大腸に炎症がおこる病気で、大腸では便の水分の調節を行う臓器です。そのため大腸で水分が上手に吸収できないため、便に水分が多く含まれ下痢を引き起こします。
大腸が炎症を引き起こしたままだと炎症が悪化し、出血知る場合があります。

腸閉塞は腸のどこかの部位が閉塞を引き起こしている状態で食べ物が詰まってしまい、ゼリー状の下痢だけでなく、嘔吐や食欲不振なども引き起こします。
放置しておくと腸が壊死してしまうため愛犬の命が危険になります。

腸重積は腸のどこかの部位が重積してしまっている状態で腸の重積している部位が壊死してしまいます。
ゼリー状の下痢の他にも嘔吐や激しい腹痛などの症状が見られ、腸閉塞同様愛犬の命が危険に陥る事があります。

寄生虫感染症では幼犬や老犬などの免疫力の低い犬は状態が重篤化する事もあります。

 

 

愛犬のゼリー状の下痢が続いたとき病院にいくべき?病院に行く判断基準は?

愛犬のゼリー状の下痢が続いた時には動物病院を受診しましょう。

1日に何度もゼリー状の下痢をしていたり、下痢以外にも嘔吐や腹痛、食欲不振、元気がないなどの症状が見られた場合はすぐに受診したほうがいいでしょう。

軽い大腸炎ではすぐに治る事もありますが、腸閉塞や腸重積、寄生虫感染症の場合は動物病院でしっかり治療する必要があります。

動物病院に連れていけばいいのか判断に迷った時は動物病院に一度電話してみましょう。

かかりつけの動物病院であれば、その愛犬の体質なども把握していますので、指示を仰ぐのもいいでしょう。

動物病院には受診しなくてもいいと言われても、飼い主さんがいつもと何かおかしいと感じた場合は、一度のゼリー状の下痢でも動物病院を受診しましょう。

飼い主さんが一番愛犬の様子を見ているため、何かおかしいという「飼い主さんの感」が当たる事もあります。

動物病院を受診して何も問題ないと診断されればそれで安心できるでしょう。

 

 

病院に行く時に用意したほうがいいものとは?

動物病院を受診する時に用意していった方がいいものは、 ゼリー状の便と愛犬の様子です。
ゼリー状の便を持参することで動物病院にて便検査を行う事が出来ます。

便検査をすることで何が原因か調べる事ができますが、時間が経ってしまった場合は持参せずに写真などを取り、獣医師さんに見せましょう。

便を何度もしている場合はいつどんな便をしたのか、食欲や元気はあるのか、下痢以外の症状はないのかなどを伝えるとより原因を究明しやすくなります。

動物病院では焦ったりしてしまうために症状を伝え忘れる事もあります。
メモなどにして渡しても大丈夫なので、忘れやすい場合はメモしてから動物病院を受診しましょう。

 

まとめ

ここでは愛犬がゼリー状の下痢が続いたとき病院に行くべきなのか、ゼリー状の正体についてお話しました。
ゼリー状の正体は便を身体の外に排泄するための大腸の分泌物で、大腸などの炎症により過剰に分泌されます。

腸の炎症は様々な原因があり、腸閉塞や腸重積の場合はすぐに動物病院を受診したほうがいい病気です。
動物病院を受診する判断基準はゼリー状の下痢の回数や、下痢以外の他の症状があるかどうかなどを観察しましょう。

どうしても迷う場合は動物病院に連絡し相談してみてもいいかもしれませんね。