愛犬の下痢にゼリー状の血便が!原因と対処法とは?

愛犬に下痢が見られた時にゼリー状の血便も一緒に見つけた時、飼い主さんはとても驚きますよね。
便に血が見られた時にはどんな飼い主さんでも驚き、慌てて動物病院を受診する飼い主さんも多くいます。

ここでは愛犬の下痢にゼリー状の血便がみられた時の原因と対処法についてお話します。

 

愛犬の下痢にゼリー状の血便が!考えられる原因は?

愛犬の下痢のゼリー状の血便が考えられる原因は、
・腸炎(小腸、大腸)
・腸閉塞や・腸重積などの腸疾患
・内部寄生虫

などが考えられます。

出血の部位は便にどういうふうに血が付着していたか、血の色などにより考察することができます。
鮮やかな赤い出血は、出血して時間が経っていないため 肛門や大腸からの出血が考えられます。

黒色は出血してから時間が経っているため 胃や小腸からの出血が考えられます。
そのため、血便の色をよく観察しましょう。
ゼリー状の下痢は大腸の粘膜の炎症が原因です。

ゼリー状の鮮やかな血便が見られる時は大腸の炎症、ゼリー状の黒っぽい下痢が見られるときは小腸・大腸の炎症が考えられます。

 

愛犬の下痢にゼリー状の血便が!考えられる病気は?

愛犬の下痢にゼリー状の血便が見られる時に考えられる病気は、
・小腸炎、大腸炎、腸閉塞や腸重積などの腸疾患
・内部寄生虫

などです。

大腸は便の水分を調節する部位で水分を吸収した後の固まった便を円滑に体外に排泄するために大腸には、ゼリー状の物質が分泌されます。

通常体調に便と一緒に排泄されることは少ないですが、大腸に何か異常があれば便に大量に排泄される事もあります。

小腸の炎症でも血便は引き起こされますが、ゼリー状の血便が出る場合は 大腸炎も一緒に引き起こしている可能性が高いです。

 

 

愛犬の下痢のゼリー状の血便が出た時の対処法は?

愛犬の下痢にゼリー状の血便が出た時の対処法として、 動物病院を受診することをお勧めします。
動物病院を受診する際はできれば、 ゼリー状の血便も一緒に持参しましょう。

便を持参することで便検査ができ、すぐに原因を究明することができます。
しかし、あまりにも時間が経ってしまっている場合は 写真などにとっておき、診察時に獣医師さんに見せましょう。

小腸炎、大腸炎などを引き起こしている場合、
栄養や水分が吸収できずに栄養失調や脱水などの症状が見られる事もあります。

腸閉塞や腸重積の場合は、
すぐに手術が必要なこともあり、放置してしまうと命の危険にも陥る可能性が高いです。

腸閉塞や腸重積は時間が経つと閉塞した部分の腸や重積してしまった腸の部分が腐敗してしまい、手術でその部分を切り取らなければいけなくなってしまいます。

早期発見で治療期間や入院期間が短く済みますので、すぐに動物病院を受診しましょう。

内部寄生虫感染症の場合は成犬であれば、すぐに命にかかわる事態に陥ることは少ないですが、子犬や老犬などの免疫力の低い犬は 栄養失調などを引き起こす事もあります。

他にも、感染力が強いため同居犬にも感染が広がる事もありますので、隔離する必要があります。

放置すると成犬でも下痢や嘔吐などの症状が見られるので、 出来るだけ早く動物病院を受診しましょう。

 

まとめ

ここでは愛犬の下痢にゼリー状の血便が見られたときの原因や病気、対処法などをお伝えしました。

基本的にはゼリー状の血便が見られる場合は大腸や小腸などの炎症が考えられますが、中には腸閉塞や腸重積などの重大な病気や寄生虫感染症などが原因の事もあります。

できるだけ早く動物病院を受診することで、早く治療を開始する事できる他にもできるだけ早く完治することにも繋がります。

一度、動物病院に電話して相談してみましょう。