夏場の愛犬の留守番に適切な冷房温度は何度?賢く冷房を使う節約法を伝授!

夏場のお留守番は熱中症の心配もあり、冷房をつけたほうがいいのか、冷房の設定温度は何度がいいのか迷ってしまいますよね。

しかし、毎日ずっととなると電気代も気になります。

ここでは夏場の愛犬のする番に適切な冷房温度や冷房を賢く使う節約法についてお話します。

 

夏場の愛犬の留守番に適切な冷房温度は?

夏場の愛犬の留守番に 適切な冷房温度はだいたい25~26℃ぐらいです。

あまり寒くし過ぎてしまうと、冷気は部屋の下の溜まるため、愛犬の体温が下がってしまう恐れがあります。

冷房温度はだいたい25~26℃ぐらいが目安ですが、部屋の間取りによっては室内の温度が上がり過ぎてしまう部屋やあまりあがらない部屋、太陽光が入ってきやすい部屋など様々ですので、 夏場の温度の上昇具合により微調節しましょう。

寒すぎず、暑すぎない温度に設定しましょう。

冷房は一部屋付けていても、愛犬が他の部屋に移動してしまい、その冷房のきいた部屋に入る事が出来ないまま熱中症になってしまったというケースもあります。

冷房をつけた部屋から他の部屋にも行き来しやすいようにしておくといいでしょう。

冷房がききすぎて部屋が寒くなり過ぎた時や、万が一、停電などで冷房がきかなくなってしまったときに見質状態になってしまいます。

冷房がきいた部屋以外にも涼しく過ごせる場所を作っておくといいでしょう。

 

冷房を賢く使う節約法は?

冷房をずっとつけていると愛犬には安心かもしれませんが、電気代がかなりかかってしまうのではないかと心配してしまいますよね。

冷房を賢く使う節約法は、3つあります。

 

冷房の設定温度

1つ目は、冷房はこまめにつけるのではなく26℃に設定しつけたままにしておきましょう。
冷房にかかる電気代は付け初めに多くかかります。

そのため、冷房は付けたままに、その日の最高気温や天気予報を確認し、27~28℃にあげるなどして節約しましょう。

 

冷却グッズ

2つ目は、冷却グッズの活用です。冷房を27~28℃に設定し、扇風機をつければ空気を循環することでき熱中症対策になりますが、電気代が余分にかかってしまいます。

市販されている冷却グッズを使用することで冷房温度を少し上げた状態でも快適に過ごすことができます。
冷却シートを置いたり、ペットボトルに水を入れ凍らせたものをタオルにくるんで愛犬の部屋に置いておくといいでしょう。

冷却シートや冷却グッズを使用する際は愛犬が噛みついたり遊んでしまうようであれば誤って食べてしまう可能性がありますので、注意しながら使用するようにしましょうね。

 

カーテンの活用

3つ目は窓のカーテンを閉めたり、窓辺で植物を育てることで緑のカーテンを作ったりし、窓辺の温度を下げるようにしましょう。

窓から入ってくる太陽光を遮ることで部屋の温度を下げる事に繋がります。
窓辺に水をかけるのも効果的ですので、あまりにも暑い日にはぜひ試してみましょう。

 

まとめ

ここでは夏場のお留守番に適切な冷房温度は何度がいいのか、賢く冷房を使う節約法についてお話しました。

夏場のお留守番は熱中症になってしまわないか心配ですが、ずっと冷房をつけるのも電気代がかかる以外にも寒くなりすぎて体調を崩してしまわないかなど心配してしまいますよね。

冷房は設定温度を26~28℃に設定し、部屋がそれ以上暑くならないよう、カーテンや冷却グッズを賢く使用し夏場を乗り切るようにしましょう。

冷却グッズは遊び好きな愛犬がいるときには注意が必要で、噛みついたりしないようにしましょう。

冷却シートの中に入っているゼリーは犬が食べてはいけないものなので、始めて使用する場合は少なくても1日は様子をみてからお留守番などで使用するようにしましょう。

少しでも遊ぶような様子があれば使用しない方がいいかもしれません。