バーフダイエット(BARFDIET)の評判は?成分や口コミから徹底評価!

愛犬のドッグフードを選ぶ時に悩むのは、
フードの種類だけでなくフードの形状なども気になるところですよね。

ドッグフードの形状には、
ドライタイプ、ソフトドライタイプ、セミモイストタイプ、ウェットタイプがあります。

ここではウェットタイプに分類されるバーフダイエット(BARFDIET)
口コミや評判、原材料などについてご紹介します。

 

バーフダイエット(BARFDIET)の特徴は?

バーフダイエット(BARFDIET)の最安値をチェック!

バーフダイエット(BARFDIET)はドライフードではなく、
ウェットタイプの生食です。
生肉を使用しているため 食いつきは抜群です。

さらに 人工着色料や保存料などを一切使用していません。
使用する生肉もオーストラリア産の安全な動物の肉を使用して、
新鮮な栄養をそのまま愛犬に与えることができます。

ビーフ、チキン、カンガルー、ポーク、ラム、コンビ(ビーフ、チキン、ラム、ポーク)など
種類も豊富で愛犬に食物アレルギーがある場合も対応することができます。

 

バーフダイエット(BARFDIET)の評価・口コミは?

高評価の口コミ

お客様の声
下痢気味でどのドッグフードを選んでも改善しなかったのが、
バーフダイエット(BARFDIET)を与えたところ良くなった
お客様の声
毛艶もよくなった
お客様の声
我が家のワンコはこのフードが大好きです。
毛ヅヤもいいし、ウンチの量もドライに比べてとても少なくニオイも気になりません。
お水を飲む量もすごく少ないです。生食の良さに感動です
お客様の声

 

アレルギーがあるため、市販のドライフードで食べられる種類が少ないのが悩みの種でした。
バーフの場合、栄養のバランスも良く安心して与えられます。
何年も食べていますが変わらず喜んで食べてくれるのでうれしいです!

低評価の口コミ

お客様の声
食いつきが悪いといった点やお試し購入があればいいな
お客様の声
結局、一口も食べてくれませんでした
ふりかけをかけても駄目。好きなものを混ぜても駄目。
お腹をすかせても駄目。焼いても駄目。
泣く泣く全て破棄しました。
悲しかったです。

バーフダイエット(BARFDIET)の評価や口コミは全体的に生食のため、
食いつきがとてもいいという声が多くありました。

ですが、食いつきに関して愛犬の好き嫌いなので難しいところですね。
原材料や味などは評価を得ているドッグフードですが、
販売の規格が大きいために食べなかった時に困る!と言った声が多く見受けられました。
初めは一番小さいサイズを購入するといいかもしれませんね。

 

バーフダイエット(BARFDIET)の原材料を調査!

原材料:
牛肉、ラム肉、鶏肉、豚肉、粉砕牛骨、牛心臓、牛腎臓、粉砕フラックシード、野菜(ブロッコリー、セロリ、ほうれん草、人参、チンゲン菜)など、培養ケフィア、果物(りんご、梨、グレープフルーツ、オレンジ)など、アルファアルファドライパウダー、ケルプドライパウダー、 肝油、にんにく、亜鉛、マンガン、ビタミンE
■合成保存料、人工着色料は一切使用しておりません。
■AAFCOの栄養基準をクリア

※引用元:https://www.amazon.co.jp

バーフダイエット(BARFDIET)コンビネーションの原材料では、
メインに 牛肉、ラム肉、鶏肉、豚肉を使用している他に
粉砕牛骨、牛心臓、牛腎臓、牛無漂白胃壁などの骨や内臓も入っています。

保存料や人工着色料などは含まれていないため、
愛犬に安心して与えることができます。

肉の他にも野菜(ブロッコリー、セロリ、ほうれん草、人参、チンゲン菜)も
バランスよく配合しています。

粉砕牛骨が入っているので初めて生食を与える方は驚くかもしれません。
心配であれ場少量ずつ試してみてもいいかもしれませんね。

 

 

 

バーフダイエット(BARFDIET)の成分はどうなの?

バーフダイエット(BARFDIET)の成分は、
・粗蛋白 14.0%以上
・粗脂肪 9.0%以上
・粗繊維 1.0%以上
・水 70.0%以下
・粗灰 3.0%以下
・カルシウム 0.7%以上
・リン 0.3%以上
となっています。

AAFCO栄養基準に基づく成分では、
・粗蛋白18%以上
・脂肪5.5%以上に対して、
バーフダイエット(BARFDIET)の粗蛋白は少し低いように感じましたが、
その分脂肪が多く含まれていたり、ミネラルやビタミンなども豊富に含まれています。

 

バーフダイエットが向いているチワワとは?

バーフダイエット(BARFDIET)が向いているのは若い成犬、
たくさん運動をする、皮膚や毛並みが悪いなどのチワワちゃんにおすすめです。

生食なのでドライフードより歯に食べカスなどの汚れが付きやすいので、
歯磨きに慣れている犬の方がいいかもしれませんね。

バーフダイエット(BARFDIET)は220gが1パックに入っている形なので、
小さめなチワワには少し大きすぎるかもしれませんが、数回に分けてあげましょう。

初めての方はまずは、お試しパックから試されてはいかかでしょうか?

 

 

まとめ

ここではバーフダイエット(BARFDIET)の
ドッグフードの口コミや評判、原材料などについてお話しました。

バーフダイエット(BARFDIET)の飼い主さんからの
評価や口コミはとても良く下痢や皮膚、被毛の様子などが改善したなどいい口コミが多くありました。

しかし中には食いつきが悪いといったケースもあるようなので、
初めて与える際は購入量を調節したほうがいいかもしれません。

原材料や成分に関して合成着色料や保存料などを使用していないため、
愛犬に安心して与えると子ができるドッグフードです。
しかし粉砕牛骨が使用されているので、
普段なじみのないチワワさんは戸惑う事もあると思います。

生食に興味のある方にはおすすめのドッグフードです。

バーフダイエット(BARFDIET)の最安値をチェック!!